クリニックでの仕事

クリニック事務での勤務

ひま〜

クリニックでの医療事務の仕事 

クリニックには医療事務のスタッフが必要です。医療事務というのは、レセプトの作成などを行う仕事です。特別な資格は必要ありませんが、医療保険やレセプトの書き方などの専門的な知識が必要となるため、多くの人は通信教育などで基本的な勉強を行ってから就職する場合が多いです。クリニックではスタッフの数もそれほど多くないため、受付などの業務も任されることが多いです。上手に患者とコミュニケーションをとることで、患者は安心して治療を受けることが出来ます。仕事を覚えてしまえば、他の職場でも即戦力として働くことができるのが強みです。

医療事務の業務について 

医療事務の就業場所には、病院やクリニックなどの医療機関、特養や老健などの介護施設などがあります。その一つであるクリニックでの業務は、受付や会計、レセプトコンピューターでの点数計算、電話応対などがあります。そして、一番メインの仕事である月末月初に作業を行うレセプト請求です。大学病院や総合病院での医療事務の業務は、大規模なゆえに、受付や会計、点数計算はそれぞれに単独で課が存在して、決められた配属部署でのみ業務を行います。しかし、診療所は規模が小さいために、すべての業務をこなさなければいけません。しかし、すべての業務をこなすために、転職時も重宝されやすく、経験や知識も身につきます。

クリニックと医療事務情報

新着情報

© Copyright クリニック事務での勤務. All rights reserved.